Sansanやノハナが「年賀状」サービス--日本郵便と連携

井指啓吾 (編集部)2014年10月30日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月30日に2015年用の年賀はがきが発売されたことにともない、Sansanやミクシィ傘下のノハナが日本郵便との連携サービスを開始した。

 Sansanでは、法人向け名刺管理サービス「Sansan」において、日本郵政グループのJP メディアダイレクトが提供する企業向けサービス「はがき印刷ダイレクト」を利用した年賀状発送サービスを開始。

  • Sansanの年賀状発送サービス

 はがき印刷ダイレクトでは、ウェブサイトで企業年賀状やビジネスはがきのデザイン制作から印刷、投函までができる。今回の連携により、SansanからCSVファイルでダウンロードした住所録を同サービスにアップロードすると、Sansanに登録された名刺の宛先にワンストップで年賀状を発送できるようになる。

 今後、両社の連携を強化し、Sansanの提供する個人向け名刺管理サービス「Eight」でのコラボレーションも検討するという。

 一方、フォトブックアプリを提供するノハナでは、スマートフォンに保存した写真から年賀状を簡単にデザインできるアプリ「ノハナ年賀状 2015」で日本郵便と連携。注文後、通常6日以内に年賀状を届けられるサービスを提供する。

 価格は、基本料金として初回のみ1480円(2回目以降は無料)。1枚あたりの料金ははがき代込みで90円。送料は540円。

  • 「ノハナ年賀状 2015」アプリ画面

  • 作成できる年賀状のイメージ

  • サービスの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加