MS、「Kinect for Xbox One」のWindows 8用アダプタを発売--Windows用SDK新版も公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年10月23日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月22日、「Kinect for Xbox One」センサーを「Windows 8」および「Windows 8.1」搭載のPCやタブレットで利用するためのアダプタキットを発売した(価格は49ドル)。

 また、開発者が自ら作成した「Kinect」向けアプリを「Windows Store」で販売することも、初めて可能になった。


 これら市販アプリの第一弾は、22日に発売されている。

 新発売のWindows用Kinectアダプタを利用するにはUSB 3.0ポートが必要で、「Xbox 360」用のKinectセンサーでは動作しない。このアダプタは現時点で20以上の国で発売されており、「数週間以内」には合計41カ国で発売されるとMicrosoftの担当者は述べている。

 Microsoftはさらに、Windows用ソフトウェア開発キット(SDK)のバージョン2.0を22日から無料でダウンロード提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加