logo

「Apple Pay」、米国で10月20日にサービス開始へ

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2014年10月17日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、米国時間10月16日に開催したイベントで、モバイル決済サービス「Apple Pay」を米国で開始すると発表した。20日から提供開始される。同氏によると、このサービスへの期待は相当高まっており、9月の発表以降、新たに500の銀行がAppleと提携したという。

 Appleは9月、「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」と併せてApple Payを発表した。同社は、「iPhone」ユーザーが自分のクレジットカード口座を保存できるように、Visa、MasterCard、American Expressに加えて複数のカード発行銀行と提携している。

 Apple Payでは、自分のiPhoneを決済端末にかざしてから、iPhoneの指紋センサをタッチするだけで商品を購入できる。iPhoneも決済端末も、決済の認証情報を格納する近距離無線通信(NFC)チップを搭載している必要がある。そのためApple Payは、新しいiPhone 6とiPhone 6 Plusでしか利用できない。

提供:Tim Stevens/CNET
提供:Tim Stevens/CNET

 ただしApple Payには、NFCチップは不要だがAppleの「Touch ID」が必要な別のコンポーネントがある。ユーザーは今後、iPhoneの指紋センサを1回タッチするだけでアプリ内でアイテム購入の決済ができるようになり、毎回クレジットカードや住所の情報を入力する時間と手間が省ける。

 Appleはまた、他のアプリ開発者が自分のアプリにApple Payを組み込めるよう、「iOS 8」にAPIを提供する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集