logo

「Android 5.0 Lollipop」が正式発表--グーグルの新モバイルOS

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年10月16日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのスイーツへの執着は「Android 5.0」でも続いている。今回、同OSの正式名称が「Lollipop」であることが明かされた。

 「Android」OSの最新バージョンであるLollipopは、6月に同社のGoogle I/Oイベントで先行披露され、米国時間10月15日に正式に発表された。この数カ月、Android 5.0は「Android L」として知られていた。

 GoogleのAndroidのバージョンは長らく、「Frozen Yogurt(Froyo)」「Gingerbread」「Honeycomb」「Ice Cream Sandwich」「Jelly Bean」「KitKat」「Lollipop」といった具合に、スイーツにちなんでアルファベット順に命名されてきた。

 同社は15日、Lollipopを搭載する最初の製品となる3種類のデバイスを発表した。「Nexus 9」タブレットと「Nexus 6」スマートフォン、「Nexus Player」ストリーミングメディアボックスだ。

Googleのスイーツへの執着は新しいバージョンの「Android」でも続いている。今回、同バージョンの正式名称が「Lollipop」であることが明かされた。
Googleのスイーツへの執着は新しいバージョンの「Android」でも続いている。今回、同バージョンの正式名称が「Lollipop」であることが明かされた。
提供:Google

 GoogleはAndroidをより強く掌握しようと試みているが、Lollipopはそうした中で発表された。IDCによると、Androidは世界で最も多く利用されているスマートフォンおよびタブレット向けOSで、80%のシェアを誇るという。

 Androidは確かに人気があるが、断片化問題も深刻で、多くのユーザーは今でも同OSの旧バージョンを使用している。同社の「Android One」イニシアチブの狙いは、消費者に最新バージョンのAndroidを利用してもらうことで、より一貫した体験を提供することだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集