logo

プロジェクタ内蔵、13インチの大画面Androidタブレットも--レノボ、YOGAシリーズ

坂本純子 (編集部)2014年10月10日 19時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは10月10日、形を自由に変えられるノートPC「YOGA 3 Pro」とタブレット「YOGA Tablet 2」シリーズを発表した。10月17日より順次発売する。

ゲストとして小島瑠璃子さんが登場。「YOGA Tablet 2」を手に、「どんなシチュエーションでも最適な角度で見られる」とアピールした
ゲストとして小島瑠璃子さんが登場。「YOGA Tablet 2」を手に、「どんなシチュエーションでも最適な角度で見られる」とアピールした
2 in 1から4 in 1へ
2 in 1から4 in 1へ

 YOGA 3 Proは360度回転するスタイルが特長だ。13.3インチのQHD+ IPS液晶(3200×1800)を採用し、Yogaシリーズでは最薄となる12.8mm、1.19kgを実現した。OSはWindows 8.1 update、最新のインテル Core M-70 プロセッサ、ストレージには512GバイトのSSDを搭載する。バッテリ駆動時間は約8時間。カラーはクレメンタインオレンジとプラチナシルバー、シャンパンゴールドの3色がラインアップする。

従来モデルからの進化点
従来モデルからの進化点

 レノボ・ジャパン コンシューマ製品事業部 製品統括 兼 ノートブック製品担当部長の櫛田弘之氏は、「通常のコンパーチブルPCは2 in 1と呼ばれている。レノボは4 in 1を提唱したい。まさしくYOGAスタイルということになる」と語る。

 新デザインの6軸ヒンジにより、使うシーンに併せて「ノートブックモード」「スタンドモード」「テントモード」「タブレットモード」の4つのモードに切り替えられることをアピールした。

ヒンジを金属の時計バンドのようなデザインにし、支えを6箇所にすることで機能強化した
ヒンジを金属の時計バンドのようなデザインにし、支えを6箇所にすることで機能強化した

 YOGA 3 Proは、前モデルまでの2か所で支えるヒンジデザインから、6か所を支えるデザインを変更した。金属の時計バンドのようなデザインで、開け閉めの動作を滑らかにするほか、「スタンドモード」でタッチ使用した際の画面のぐらつきを抑え、より快適な使用感を実現したという。

 また、10点マルチタッチに対応したタッチパネルは高い強度を誇り、衝撃や傷に強い「Corning Gorilla Glass NBT」を採用。さらに、JBLのステレオスピーカを搭載し、高音質なサウンドが楽しめるとしている。発売は11月中旬で、市場想定価格は税別で21万500円前後としている。

YOGA 3 Proのスペック
YOGA 3 Proのスペック
  • 3つのカラーバリエーション

  • 高解像度ディスプレイを搭載

  • 通常のノートPCとして使える「ノートブックモード」

  • 2か所で支えるヒンジデザインから、6か所を支えるデザインに変更することで、「スタンドモード」でタッチ使用した際の画面のぐらつきを抑える

  • 狭いスペースにも置ける「テントモード」

  • 折りたたんで使えば「タブレットモード」になる

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集