logo

待望の日本語変換システム「ATOK for iOS」開発者に聞く--あくまで「アプリが主役」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月22日、ジャストシステムは同社の日本語変換システム「ATOK」をiOS 8搭載のiPhone/iPadなどに対応し「ATOK for iOS」としてリリースした。App Storeからダウンロードできる。価格は1500円だ。

 AppleのモバイルOSである「iOS 8」がサードパーティー製キーボードに対応したことから、既にMetaMojiやバイドゥなどがiOS向けキーボードとして手書き入力や独自の漢字変換システムをリリースし始めた。その中でも待望の日本語入力アプリとして注目されているのが、ATOK for iOSだ。

 開発を担当したジャストシステム コンシューマ事業部 開発部の入江賢治氏に話を聞いた。

コンセプトは「iOS史上最高の日本語変換」

 iPhoneが日本で発売されたのは2008年夏。以来、これまでの間、iPhoneを使っているユーザーは、Appleが提供する日本語入力環境を利用してきた。ATOKは完全ではないまでも自由化されたiOSの日本語環境に対して、新たにチャレンジする。

 ATOKは、ワープロソフト「一太郎」の前身となった「JS-WORD」に搭載されたかな漢字変換システムとして1983年に商用で提供されるようになった。その後MS-DOS、Windows、Mac向けに提供されてきたが、ケータイやゲーム専用機などの日本語変換機能として搭載されてきた。

 そして2011年、すでにキーボードアプリの提供が可能になっていたAndroid向けに、ATOK for Androidがリリースされた。iPhoneやiPadでATOKによる日本語入力を行うためには、「ATOK Pad」や「Tweet ATOK」というアプリを利用しなければならなかった。

 日本語入力の往年のブランドが、新たなプラットホームに参入する際の目標は何だったのだろうか?

 「iOS標準のIMEに慣れたユーザーに、ATOKとしてどのような提案をすべきかを考えました。また、ユーザーの皆さんは、キーボードが触りたくてATOKを使うのではない、という点も意識しました。こうした点から、iOS史上最高の日本語変換を目指しました」(入江氏)


ATOKでの入力。iPhone 6 Plusでは、メモリの関係でキーボードを縮小する必要があり、左右に移動できるようにした結果、片手でのフリック入力で使いやすくなった

シンプルさとATOKらしさ

 入江氏は、ATOKのデザインは「羊の皮を被った狼」という表現を使っていた。確かに、ATOKらしい配色や特徴をもっとアピールしても良さそうなところだが、非常に控えめで、iOS 8標準のキーボードよりもよりライトな感覚に仕上がっている。スマホではあくまで「アプリが主役」という関係性を崩さないよう、OSに馴染むように心がけた。

 しかし「中身はスゴイ」と入江氏は説明する。これまでのスマホ向けのATOKはデスクトップと異なる変換エンジンで最適化を施してきたが、今回のATOKには、デスクトップ向けのエンジンを踏襲する「ATOK EV Engine」を搭載した。変換精度とスピードを追求していける環境であり、発展性も高いとみている。

 入力例として「登場人物が搭乗カウンターに近づいた」という入力を行っていたが、これもきちんと変換していた(ちなみに、筆者のMacの環境もATOKであり、iOS版と同様、すんなり変換ができた)。また、スマホならではの入力ミスも、正しい読みを推測して変換してくれる機能も便利そうだ。

 こうした機能はPC向けのATOKで利用できる「校正支援機能」で、明示的ではないが、入力に対して校正した上での変換候補を示してくれる。そのため、「こんぼにえ」と入力しても「コンビニエンスストア」を予測候補に挙げてくれ、読みを正しく入力し直す手間が省ける。

 もちろん正確なタイピングが行えるよう鍛錬することも楽しいが、こうした校正支援による入力サポートは、iPhone上での実スピードを高めるために重要な機能と言える。

-PR-企画特集