ヤフーとブックオフ、渋谷に「ヤフOFF!」開店へ

井指啓吾 (編集部)2014年09月23日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとブックオフコーポレーションは、ネットオークションサイト「ヤフオク!」と中古本販売チェーン「BOOKOFF」を連携させたリユース体験店舗「ヤフOFF! BOOKOFF渋谷センター街店」を、9月26日にオープンさせると発表した。


ヤフOFF! BOOKOFF渋谷センター街店の店内イメージ

 ヤフーとブックオフは4月に資本・業務提携を締結した。すでに、全国のBOOKOFF店舗にある中古本やCD、DVD、ゲームソフト、携帯電話などをヤフオク!で販売する取り組みを展開しており、2016年度までにヤフオク!で1000万冊の中古本の取扱いを目指すとしている。

提携後の本格施策第1弾

 ヤフOFF! BOOKOFF渋谷センター街店は、既存の「BOOKOFF 渋谷センター街店」をリニューアルしたものとなる。リニューアル前と同様に、中古本を中心とした買取販売を実施。また新たなサービスとして、従来のようなID取得や有料会員登録をせずに出品が可能な「ヤフオク!出品窓口」を設置する。

  • 外観イメージ

 出品可能な商品は、ヤフオク!での落札見込み金額が5000円以上のもの。商品を窓口に持ち込むと、必要事項の記入と身分証明書の提示により申し込みが完了する。その後、スタッフが出品作業を行い、出品物が落札されると、手数料を引いた金額が指定の金融機関に振り込まれる仕組みだ。なお手数料は、落札金額に応じて25~45%。

 そのほか、税込108円の本を毎月3冊まで無料でもらえるYahoo!プレミアム会員向けサービスなどを提供。会員が店舗に訪れる機会の増加を狙う。

 また同日、「BOOKOFF 自由が丘駅前店」内で、ブックオフグループの新事業として、ハグオールが運営するオールジャンルブランド買取の「総合買取受付窓口」を設置。この窓口で買い取ったものを、ヤフオク!などで販売する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加