アップル、「Apple TV」向けアップデートを公開

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2014年09月18日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月17日、タブレットと携帯電話向けOS「iOS 8」のリリースと併せて、発売からかなり時間がたっているストリーミングボックス「Apple TV」についても、比較的小規模なアップグレードを行った。これによりApple TVのソフトウェアはバージョン7.0となった。

 最も大きな変更は、Appleが2014年8月に買収を完了したBeats Electronicsの音楽サブスクリプションサービス「Beats Music」用の新しいアプリを米国において追加したことだ。インターフェースはその他のApple TV用アプリとよく似ており、アルバムジャケットのサムネイルがグリッド表示されるほか、プレイリストへのアクセス、そしてパーソナライズされたお勧めが表示される「Just For You」のセクションなどがある。

 Beatsは、ラジオアプリの「iTunes Radio」や(当然のことながら)「Music」と同様に、Apple TVにおいて「iTunes」本体との接続を担うアプリとなる。

 バージョン7.0のソフトウェアのもとでApple TVから「iCloud」にサインインすると、iCloudの写真や、iOS 8で新たに加わった「Family Sharing」にもアクセスできる。Family Sharingは、最大で6人までの家族を、アプリ、音楽、写真などのコンテンツを共有する相手として指定できる機能だ。

 また、このアップデートによりメニュー画面の外観も手直しされ、iOS 8のフラットなデザインと似たものになった。

 Apple TVバージョン7.0へのアップデートは、「設定」>「一般」>「ソフトウェアをアップデート」の順に選択すると実行できる。ただしこのアップデートが可能なのは、最新世代のApple TVのみだ。


提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加