「iOS 8」、バッテリ切れ直前に「iPhone」の場所を通知する機能を搭載

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年09月18日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iDevice」を紛失したり、盗まれたりしたら、バッテリが切れる前に大急ぎで本体を見つける必要がある。一旦バッテリが切れてしまえば、Appleの「Find My iPhone(iPhoneを探す)」アプリ経由でそのデバイスに接続して、本体を見つけ出すことができなくなる。しかし、「iOS 8」には、デバイスのバッテリ残量が「危機的なほど」少なくなったときに、本体がどこにあるのかをユーザーに通知できるという触れ込みの新機能が搭載されている。

 この機能を利用したければ、有効化する必要があるが、その手順は非常に簡単だ。

  • 「Settings(設定)」を開く。
  • 「iCloud」オプションをタップする。
  • 画面下部までスクロールして、「Find My iPhone(iPhoneを探す)」を選択する。

 ここには、特定のデバイスで「Find My iPhone(iPhoneを探す)」を有効化するスイッチがあるだけでなく、先述した「Send Last Location」機能を有効化する新しいスイッチも用意されている。バッテリ残量が「危機的なほど」少ない状態が具体的に何を指すのかについて、Appleは何も述べていない。

提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

 気がついたらいつもバッテリ残量が少なくなっているというユーザーは、デバイスの現在地が繰り返し通知されたら、苛立ちを感じることもあるのではないか、と筆者は思う。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加