logo

CIAの奇抜なスパイツール--1950~70年代の諜報活動で活躍?したテクノロジの数々 - 4/11

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月13日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この1950~1960年代のキットさえあれば、目立たない盗聴器を設置することができる。隠しやすいように細長く作られた封筒の中に、手回しドリル、電線、マイクが収められている。このドリルを使って穴をあける対象は、例えば石造りの壁などだ。諜報員はドリルの底部を自分の腹部に押し当て、ドリルを手で回して穴をあけ、その中にマイクと電線を通す。これは苦痛を伴う不快な作業だったため、ドリルには「Belly Buster」(腹打ち)というあだ名が付けられた。
Scroll Right Scroll Left

 この1950~1960年代のキットさえあれば、目立たない盗聴器を設置することができる。隠しやすいように細長く作られた封筒の中に、手回しドリル、電線、マイクが収められている。このドリルを使って穴をあける対象は、例えば石造りの壁などだ。諜報員はドリルの底部を自分の腹部に押し当て、ドリルを手で回して穴をあけ、その中にマイクと電線を通す。これは苦痛を伴う不快な作業だったため、ドリルには「Belly Buster」(腹打ち)というあだ名が付けられた。

提供: CIA

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]