CIAの奇抜なスパイツール--1950~70年代の諜報活動で活躍?したテクノロジの数々 - 6/11

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月13日 07時00分
 1ドル銀貨は結局、米国で通貨としてあまり普及しなかったが、個人的なお守りやコレクターズアイテムとして人気が高く、今でもポケットに入れて持ち歩く人がいる。したがって、諜報活動に最適だ。何といっても、コインを持っているからといって不審に思われることはない。これはEisenhower元大統領の肖像が描かれた70年代の1ドル銀貨だが、中が空洞になっており、メッセージやフィルムをこっそり送るために使われていた。
Scroll Right Scroll Left

 1ドル銀貨は結局、米国で通貨としてあまり普及しなかったが、個人的なお守りやコレクターズアイテムとして人気が高く、今でもポケットに入れて持ち歩く人がいる。したがって、諜報活動に最適だ。何といっても、コインを持っているからといって不審に思われることはない。これはEisenhower元大統領の肖像が描かれた70年代の1ドル銀貨だが、中が空洞になっており、メッセージやフィルムをこっそり送るために使われていた。

提供: CIA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]