「Apple Watch」が登場--アップル初のウェアラブル

Ben Fox Rubin Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年09月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは米国時間9月9日、スマートウォッチ「Apple Watch」を発表した。これによって初めて、ウェアラブル市場に参入する。

 同社最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は同スマートウォッチを「画期的な」製品だとし、「包括的な」ヘルスおよびフィットネス機器であり、「Walkie-Talkie」であり、ストリーミングボックス「Apple TV」のリモコンであるほか、多数の機能を持つと説明した。

 同機器は「われわれがこれまでに開発した中でも最もパーソナルなデバイスだ」と同氏は述べた。「これは身に着けるものであるため、われわれは、腕から直接接続および通信するための新しい親密な方法を発明した」(Cook氏)

 同スマートウォッチは2015年初頭に販売開始予定で、価格は349ドルから。3種類のデザインが提供される。ステンレススチールケースに入ったApple Watch、アルミニウム製ケースの「Apple Watch Sport」、18Kゴールドケースの「Apple Watch Edition」だ。同機器は「iPhone」と併用する必要があり、「iPhone 5」「iPhone 5c」「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に対応する。

提供:Apple
提供:Apple

 この新しいスマートウォッチはその機能の1つとして、同社の新しいモバイル決済システム「Apple Pay」に対応し、ユーザーは同機器を用いてレジでの支払いを済ますことができる。

 ユーザーが腕を上げると、Apple Watchがそれを感知してディスプレイをオンにし、同ウォッチのカスタマイズ可能なタッチスクリーンの文字盤を表示して、ユーザーが一連のアプリのメニューを操作できるようにする。側面にある「Digital Crown」によってアプリのズーム/ズームアウトや、アラームなどの機能を設定する際のオプションのスクロールが可能で、これがホームボタンとして使用される。

 ディスプレイは、光沢のあるサファイアクリスタルでラミネートされている。サファイアは地球上で最も硬い物質の1つで、複数の高級腕時計に既に使用されている。

 ディスプレイはタッチ操作と圧力を検知するため、同機器はタップとプレスの違いを識別することができる。背面にはユーザーの心拍数を測定するセンサがあり、日々の大まかな運動量が把握できるようになっている。同スマートウォッチは、背面にマグネットで接続する電磁誘導充電器を使用する。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加