logo

JVC、最新ウッドコーンオーディオ「EX-HR11」にみる10のこだわり - 6/11

加納恵 (編集部)2014年08月28日 18時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(5)使い込まれた音色を表現する熟成に対するこだわり

 スピーカ部にはバッフル上部に「熟成スプルース縦目響棒」を採用。長年使い込まれた木製楽器のような響きを再生できるよう搭載したもので、透明感ある響きが向上し、上方向に音楽空間を広げる働きがあるという。

 熟成処理は加熱することで人工的に行っているとのこと。加熱する温度や時間は、試聴を繰り返しながら最適化していったという。ヴァイオリンの音色を目指したとしている。
Scroll Right Scroll Left

(5)使い込まれた音色を表現する熟成に対するこだわり

 スピーカ部にはバッフル上部に「熟成スプルース縦目響棒」を採用。長年使い込まれた木製楽器のような響きを再生できるよう搭載したもので、透明感ある響きが向上し、上方向に音楽空間を広げる働きがあるという。

 熟成処理は加熱することで人工的に行っているとのこと。加熱する温度や時間は、試聴を繰り返しながら最適化していったという。ヴァイオリンの音色を目指したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]