カシオ、防水・耐衝撃性能を備えたセパレート型デジカメ「EX-FR10」

坂本純子 (編集部)2014年08月26日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は8月26日、リースタイルで自分撮りや仲間撮りなど多彩な撮影が楽しめるデジタルカメラ「EX-FR10」を発表した。9月19日に発売する。市場想定価格は税込みでは5万円前後。

カラーはEO(オレンジ)、WE(ホワイト)、GN(グリーン)の3色
カラーはEO(オレンジ)、WE(ホワイト)、GN(グリーン)の3色
カメラ部とコントローラ部で構成。ワンタッチで合体したり分離したりできる
カメラ部とコントローラ部で構成。ワンタッチで合体したり分離したりできる

 EX-FR10は、光学21mmの単焦点レンズを搭載した「カメラ部」と液晶画面付きの「コントローラ部」で構成される。ワンタッチで合体したり分離したりできるのが特長だ。カメラ部とコントローラは省電力なBluetoothで接続される。

 分離したカメラ部は好きな場所に簡単に固定でき、今までにないアングルで多彩な撮影が楽しめる。防塵・防水仕様と落下強度2.0mのタフネス設計で、ネックストラップやカラビナストラップ、三脚ナットのアタッチメントが同梱される。

 さらに別売でリュックサックなどにカメラ部を取り付けたまま360度回転できる「マルチアングルストラップ」(税別2500円)や手首や頭部に取り付けて360度回転できる「マルチアングルベルトセット」(3500円)、カメラ部やコントローラを市販のアタッチメントに取り付けられる「トライポッドマウンター」(2000円)も用意。さらに幅広いシーンで撮影できるようになる。

リュックサックなどにカメラ部を取り付けたまま360度回転できる「マルチアングルストラップ」
リュックサックなどにカメラ部を取り付けたまま360度回転できる「マルチアングルストラップ」

 有効画素数は1400万画素。撮像素子は、1/2.3型正方画素CMOSを搭載する。重さはカメラ部が約63g(メモリカード含む)で、コントローラは約80g、合体時は約175gとしている。コントローラ部の液晶は2.0型(320×240ドット)で、タッチパネル(静電容量)タイプだ。

 カシオは、2011年から360度回転するフレームと270度回転するモニタで自分撮りが簡単にできる「EXILIM TR シリーズ」を発売し、中国などアジアを中心に若い女性を中心に好評を博している。

 今回のEX-FR10は自分撮りだけでなく、後ろ撮りや仲間撮りも手軽に楽しめるよう、カメラ部とコントローラがワンタッチで分離できるシステムを採用。「構えてシャッターを押す」という常識から撮影者を解き放ち、フリースタイル撮影を実現する新発想のデジタルカメラとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加