「HTC One M8」、「Windows Phone」搭載モデルが登場

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年08月20日 08時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯端末メーカーHTCは米国時間8月19日、新しいスマートフォン「HTC One M8 for Windows」を発表した。これにより、HTCの主力端末で「Android」以外のOSが選択できるようになった。

 現時点では、同端末は米国のみで販売され、Verizon Wirelessが独占提供する。2年契約で100ドルというプロモーション価格か、「Verizon Edge」料金プランに基づく月額30ドルで提供される。顧客は同端末を、19日正午からオンラインで、20日からは小売店でも購入することができる。

 Microsoftの「Windows Phone」を使用するモデルを追加することで、同OSを愛用するユーザー層を「HTC One M8」に取り込める可能性がある。ただし、市場調査企業IDCによると第2四半期の時点で「Windows Phone」がスマートフォン市場に占めるシェアはわずか2.5%であり、その顧客層はまだ小さい。

 これまでの報道で、GoogleのAndroid OSを搭載するバージョンが既に提供されているHTC One M8に、Windows Phone版が提供されることが予測されていた。

 Android版とWindows Phone版の違いはOSだけである。どちらもハードウェアは同一で、1920×1080ピクセルで5インチのディスプレイ、デュアルレンズの背面カメラ、前面ステレオスピーカー「BoomSound」を備え、アルミニウム製である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加