logo

ソニー、小型ボディにワンクラス上の機能を凝縮した「α5100」

加納恵 (編集部)2014年08月19日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月19日、ミラーレス一眼カメラ「α」シリーズに、有効2430万画素のCMOSセンサを搭載したモデル「α5100」を発表した。素早く広いエリアをカバーする最新のオートフォーカス性能を備える。

 発売は9月5日。ボディカラーはブラック、ブラウン、ホワイトの3色で、ボディに16-50mmのズームレンズを付属したパワーズームレンズキット「ILCE-5100L」(想定税別価格:7万円前後)、パワーズレンズキットに55-210mmのズームレンズを加えたダブルズームレンズキット「ILCE-5100Y」(同:9万円前後)を用意。ブラックモデルのみボディ単体「ILCE-5100」(同:5万5000円前後)でも販売する。

  • 「α5100」ブラックモデル

  • ブラウンは今回新たにラインアップされた新色

  • ホワイトモデル

 ミラーレス一眼カメラαシリーズでは、エントリー機の「α5000」、ステップアップモデルの「α6000」をラインアップしており、α5100はその間に位置するエントリー~ミドル向けモデル。α5000の小型ボディをそのままに、α6000と同様のAPS-Cサイズ、"Exmor"CMOSセンサとフォーカスの速度と精度を両立する「ファストハイブリッドAF」を搭載する。

 画面のほぼ全域となる179点のAFエリアや、画像処理エンジン「BIONZ X」の高速処理による、秒間6コマの連写撮影も実現。3.0型の液晶部は、上180度のチルト機構を備えたほか、タッチ時の感度が向上した静電式タッチパネルを採用し、タッチシャッターやタッチフォーカス操作も可能だ。

 本体にはWi-Fi機能を備え、スマートフォンとの連動による撮影画像の転送や、独自のカメラアプリ「PlayMemories Camera Apps」の使用が可能。カメラまかせで撮影ができる「プレミアムおまかせオート」、13種類のエフェクトを使える「ピクチャーエフェクト」などの撮影機能にも対応する。

 ボディサイズは高さ62.8mm×幅109.6mm×奥行き35.7mmで、重量約224g(本体のみ)。4K静止画出力ができるほか、AVCHD、XAVC S形式での動画撮影をサポートする。

  • 3.0型タッチ液晶は上180度のチルト機構で自分撮りも可能

  • 奥行き35.7mmのスリムボディ。ズームレバーも搭載

  • フラッシュも内蔵する

-PR-企画特集