アップル、次期「iPad」の量産を開始か

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2014年08月13日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しいフルサイズの「iPad」の量産が始まったと、Bloombergが米国時間8月12日に報じた。このタブレットは、2014年第3四半期末または同年第4四半期初めまでに発表されると予想されている。

 記事によると、新iPadが搭載する9.7インチ画面を読みやすくするために追加される新しい反射防止コーティングにより、製造工程が複雑化することから、デバイスの生産台数が制限される可能性があるという。Bloombergはさらに、事情を知る関係者の言葉を引用し、7.9インチの「iPad mini」の新バージョンも生産が始まる段階にあり、2014年末までに購入できるようになるかもしれないと報じている。

 Appleの広報担当者にコメントを求めたが、現時点では得られていない。

 重要な商機であるホリデーシーズンのころに、Appleの新デバイスの製品ラインが登場するとみられているが、最新のiPadもこれに加えられるはずだ。Appleは、「iPhone」の新モデルを発表するため、9月9日にイベントを計画していると報じられている。新iPhoneは、現行機種よりも大きな画面のモデルも含むと予想されている。

「Retina」ディスプレイ搭載のiPad mini
「Retina」ディスプレイ搭載のiPad mini
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加