logo

Windows Phone Store、公開アプリ数が30万本に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年08月11日 10時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのWindows Phone Storeは、公開アプリ数30万本という新たな節目に到達した。

 Microsoftは新しい数字を「Microsoft by the Numbers」ページで発表した。このページには、毎日数百本の最新アプリが追加されているとも書かれている。もちろん、数だけでなくアプリの質も大事だ。だが、WPCentralが指摘する通り、Windows Phone Storeでは最有力のアプリが公開されるとともに、もっと「無名のアプリ」も登場している。

 アプリはモバイルプラットフォームの成功の鍵だ。「Windows Phone」を搭載した多くの「Lumia」スマートフォンは、革新的で使いやすい機能により称賛を得てきた。だが、必要なアプリが入手できなければ、消費者は別のプラットフォームに移行するだろう。当然ながら、AppleやGoogleの「Android」が支配する市場で、アプリの数で勝ち取れるWindows Phoneユーザーの数は限られている。多くの報告によると、Windows Phoneは、モバイル市場ではAndroidと「iOS」に次ぐ第3位だが、市場シェアは3%前後にとどまっている。


提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集