logo

第1次世界大戦の開戦から100年--当時の最新技術を写真で振り返る - 9/15

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第1次世界大戦は、航空機が戦闘、爆撃、偵察のために大量投入された最初の戦争である。長距離用の魚雷も第1次大戦までにはすでに開発されていたが、艦船から効率的に発射する方法がまだなかった。

 この1920年の写真は、米国の「Martin」爆撃機が海面のわずか数m上を飛行しながら、魚雷を投下したところ。これが魚雷を発射する方法だった。
Scroll Right Scroll Left

 第1次世界大戦は、航空機が戦闘、爆撃、偵察のために大量投入された最初の戦争である。長距離用の魚雷も第1次大戦までにはすでに開発されていたが、艦船から効率的に発射する方法がまだなかった。

 この1920年の写真は、米国の「Martin」爆撃機が海面のわずか数m上を飛行しながら、魚雷を投下したところ。これが魚雷を発射する方法だった。

提供: Getty Images/Hulton Archive

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]