logo

第1次世界大戦の開戦から100年--当時の最新技術を写真で振り返る - 15/15

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 航空機は監視用のマシンと考えられていたが、第1次大戦の間に兵器として実用されるようになった。1916年に撮影されたこの写真では、1918年に英空軍となる組織に属するパイロットが手にさげた爆弾をドイツ上空で投下しようとしている。
Scroll Right Scroll Left

 航空機は監視用のマシンと考えられていたが、第1次大戦の間に兵器として実用されるようになった。1916年に撮影されたこの写真では、1918年に英空軍となる組織に属するパイロットが手にさげた爆弾をドイツ上空で投下しようとしている。

提供: Getty Images/Hulton Archive

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]