ボーイング「737」の機体を組み立てる--巨大施設で作業を見学

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月09日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カンザス州ウィチタ--Boeingの民間ジェット機の製造について考えるとき、おそらくほとんどの人はシアトルを思い浮かべるだろう。同社の主要施設はシアトルにある。

 しかし、「Boeing 737」(世界で最も販売機数が多いジェット機)が実際に誕生する場所を知りたいのなら、ウィチタまで行かなければならない。

 ウィチタでは、Spirit Aerosystems(以前はBoeingの1部門だったが今は独立した企業)が737の機体や、Boeingのほかの旅客機すべての主要部品を製造している。こうした旅客機には、複合材料を使用した「Boeing 787 Dreamliner」やアルミニウム製の「Boeing 747」「Boeing 757」「Boeing 767」「Boeing 777」などがある。

 ここでは、ウィチタのSpiritを訪問し、737の製造工程を見学した様子を写真で紹介する。

 写真は当地にあるSpiritの巨大な工場の内部。Spiritの技術者が737の完全アルミニウム製のコックピット前部の内側で作業を行っている。

 カンザス州ウィチタ--Boeingの民間ジェット機の製造について考えるとき、おそらくほとんどの人はシアトルを思い浮かべるだろう。同社の主要施設はシアトルにある。

 しかし、「Boeing 737」(世界で最も販売機数が多いジェット機)が実際に誕生する場所を知りたいのなら、ウィチタまで行かなければならない。

 ウィチタでは、Spirit Aerosystems(以前はBoeingの1部門だったが今は独立した企業)が737の機体や、Boeingのほかの旅客機すべての主要部品を製造している。こうした旅客機には、複合材料を使用した「Boeing 787 Dreamliner」やアルミニウム製の「Boeing 747」「Boeing 757」「Boeing 767」「Boeing 777」などがある。

 ここでは、ウィチタのSpiritを訪問し、737の製造工程を見学した様子を写真で紹介する。

 写真は当地にあるSpiritの巨大な工場の内部。Spiritの技術者が737の完全アルミニウム製のコックピット前部の内側で作業を行っている。

提供: Daniel Terdiman/CNET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加