logo

ボーイング「737」の機体を組み立てる--巨大施設で作業を見学 - 9/21

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月09日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Spiritは「Master and Slave」(マスター&スレーブ)ロボットというシステムを採用している。このシステムでは、内側の1体のロボット(この写真のようなロボット)が外側の別のロボットと連携して作業し、お互いに相手を追跡しながら、ドリルで穴を開けたり、小さい部品を追加したりする。

 Spiritは「Master and Slave」(マスター&スレーブ)ロボットというシステムを採用している。このシステムでは、内側の1体のロボット(この写真のようなロボット)が外側の別のロボットと連携して作業し、お互いに相手を追跡しながら、ドリルで穴を開けたり、小さい部品を追加したりする。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]