logo

Facebook、モバイルメッセージングで「Messenger」アプリが必須に

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月29日 12時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月28日、メインのFacebookアプリ経由でのモバイルメッセージングを廃止する最終段階に入ったと述べた。ユーザーは今後、Facebook上でチャットしたい場合、スタンドアロンの「Messenger」アプリを使う必要がある。

 Facebookは4月、Messengerのみのシステムを欧州の一部の国でリリースしたが、同システムは現在、世界のその他の地域に広がっている。この動きは、一定時間経過後に消滅する写真及び動画の新アプリ「Slingshot」のようなスタンドアロンアプリをさらに多く開発し、同社サービスへのユーザーのエンゲージメントを維持しようとするFacebookの戦略の一環となっている。

 Facebookの広報担当者は「Facebookメッセージを送受信したい場合、Messengerアプリをダウンロードする必要があると今後数日間にわたってより多くのユーザーに向けて通知し続ける予定だ」と述べた。「これまでにも伝えてきた通り、われわれの目標は、Messengerが可能な限り最高のモバイルメッセージング体験となるよう開発努力を注力させ、個別のFacebookモバイルメッセージング体験による混乱を避けることにある」と米CNETに対し語った。

 Facebookアプリ内でメッセージを送信しようとする場合、Messengerをダウンロードしていないユーザーは、ダウンロードを促される。メインのFacebookアプリ内で未送信のメッセージを見ることはまだ可能だ。Facebookアプリのメッセージボタンもまだ利用できるが、Messengerアプリへと誘導される。

FacebookのMessengerアプリ
FacebookのMessengerアプリ
提供:Screenshot by Dara Kerr/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集