レノボとソフトバンク、LTE対応タブレット「ThinkPad 10」を法人向けに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパン、ソフトバンクモバイル、ソフトバンク コマース&サービスの3社は7月8日、LTEに対応したタブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」を開発し、9月中旬以降に法人向けに販売すると発表した。

 ThinkPad 10 for SoftBankは、レノボのWindows 8.1搭載タブレット「ThinkPad 10」に、ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応したモジュールを搭載。下り最大100Mbpsの高速データ通信をバンドルすることで、ビジネスにおけるタブレットへのニーズに応えたい考えだ。

 基本スペックはThinkPad 10と同等で、10.1インチのIPS液晶を搭載し、CPUはインテル Atom Z3795プロセッサ、OSはWindows 8.1 Pro Update、メモリは2Gバイト(32Bit版)または4Gバイト(64Bit版)、フラッシュストレージは64Gバイトまたは128Gバイトを搭載する。フルサイズのUSB2.0インターフェースとmicroSDカードスロットを備える。また、指紋認証を搭載するほか、1024段階の筆圧感知や右クリックの機能を果たすボタンを備えたスタイラスペン「ThinkPad Tablet ペン」が付属する。


「ThinkPad 10 for SoftBank」

 カラーはグラファイト ブラックの2色。本体サイズは、幅約256.5mm×高さ約177mm×厚さ約8.95mmで、重量は約610グラム。ノートPCの「Think Pad」同様、高い堅牢性基準をクリアしており、立った位置から落下してもタブレットに保存したデータを保護できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加