logo

ソフトバンクテレコム、法人向け電力小売り事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクテレコムとSBパワーは7月1日、法人向け電力小売り事業を開始した。販売は関東エリアから開始し、順次拡大する予定だという。

 ソフトバンクテレコムは、SBパワーと電力の販売・買い取り業務委託契約を結び、特定規模電気事業者による電力小売りが認められている50kW以上の高圧電力で電力供給を受ける法人を対象に、電力の販売や発電した電力の買い取りを実施する。

 一方、SBパワーは北海道と沖縄県を除く全国の発電事業者から電力を仕入れ、電力受給の管理業務を行うという。提供される電力は自然エネルギーの比率が高く、二酸化炭素の排出を抑えたクリーンな電力を提供するとのこと。


電力販売の仕組み

 また企業の導入に際しては、月々の電気料金内訳をもとに最適な電力使用のシミュレーションを実施し、適切な使用方法を提案することで企業の電力コストの低減を促進するという。

  • 「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」完成イメージ図

 なお、SBパワーの親会社にあたるSBエナジーは、ウィンド・パワー・エナジーが計画している茨城県神栖市の「茨城県鹿島港沖大規模洋上風力発電所」に出資し、第1期計画として1基あたり5000kWの大型風力発電機を約20基設置すると発表。完成後の年間予想発電量は年間約2億1900万kWhを見込んでいるという。

-PR-企画特集