logo

「Google Glass」対応アプリ、11種が新たに公開

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月25日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Google Glass」対応アプリの取り揃えを徐々に拡充している。同社は米国時間6月24日、「Shazam」「Duolingo」「Livestream」「Runtastic」など、Google Glass用のアプリ11種が公開されたことを発表した。

 バスケットボールのシュートのデータを取得する「94Fifty Basketball」、フィットネスの目標達成を支援する「Runtastic」、ランナーが走行を続けられるよう補助する「Zombies Run」、ワールドカップなどのサッカー試合について最新の情報を提供する「Goal.com」など、新アプリの多くは、運動やスポーツ用途のものになっている。

 また23日に英国でGlass向けにデビューした「Shazam」以外にも、音楽アプリが2つ提供されている。「Livestream」はユーザーがライブビデオを配信するためのアプリで、「musiXmatch」は音楽を認識して歌詞を表示するアプリだ。

 そのほかには、新聞の「The Guardian」、語学学習の「Duolingo」、ツアーガイドの「GuidiGo」、夜空の星や星座をユーザーがマッピングする「Starchart」が24日から公開されている。

 Googleの広報担当者は米CNETに対し、アプリストア「MyGlass」で提供されるGoogle Glass対応アプリの数は過去6か月間で80%増えたと述べている。


提供:Google/Duolingo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]