logo

MSの「Surface Pro 3」をiFixitが分解--修理は困難

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月24日 06時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの新しいタブレット「Surface Pro 3」は前機種よりも薄くて軽いかもしれないが、修理が困難だという点は変わらないようだ。

 ガジェット分解サイトiFixitは、米国時間6月20日に米国で発売になったSurface Pro 3を分解し、「Repairability」(修理のしやすさ)と同社が名づける項目で、同端末に最低評価を与えた。Surface Pro 3は、これまでのモデルの「Surface Pro」や「Surface Pro 2」と同様に、修理のしやすさのスコアは10段階評価の1だった。

 Microsoftの最新タブレットには、Surface Pro 2に使用されていた90個を超えるネジの代わりに、「何だかとにかく忌まわしい接着剤」が使用されているとiFixitは述べた。ディスプレイやバッテリなどの多数のコンポーネントを固定するためにこれが使用されており、そのためにどのような修理も非常に困難になっているという。さらに、薄型ディスプレイ部品は、溶融ガラスパネルと液晶ディスプレイで構成されており、取り外して交換するのは「極めて困難」だとiFixitは述べている。「ひとつ間違えれば、画面を失うことになるだろう」と同サイトは警告している。

 iFixitによると、Surface Proには、Intel、サムスン、Marvell、Winbondなどのチップが搭載されているという。

提供:iFixit
提供:iFixit

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]