logo

アップル「iWatch」、7月から量産開始で10月に登場か

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月20日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが同社ウェアラブル製品の製造元としてQuantaを選定しており、早ければ10月にリリースできるよう、7月から量産を開始するという。Reutersが米国時間6月19日、匿名情報筋の話として報じた。

 Reutersによると、「iWatch」と呼ばれることの多いこのスマートウォッチは、対角寸法2.5インチのディスプレイを搭載する可能性が高いという。これまでの報道では、同端末のディスプレイはこれより小さく、対角寸法1.5インチ以下になるだろうと伝えられてきたものの、発売時期についてはおおむね9月か10月と予測されている。

 文字盤はバンド表面からわずかに突き出し、形状は「アーチ形」になるとみられると、Reutersは伝えている。また、ワイヤレス充電機能を搭載することに加え、今やモバイル端末には当たり前のことだが、タッチインターフェースを備える。

 同記事は、最初の1年間に約5000万台が出荷されるはずだとしている。比較までに、規制当局への提出書類によると、Appleが2013年会計年度に販売した「iPhone」は1億5000万台で、「iPad」は7100万台となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]