logo

アップル、「iMac」低価格モデルを追加

Rich Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月18日 22時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月18日、同社オールインワンコンピュータ「iMac」ファミリに1099ドルの低価格モデルを加えた

 この新しいiMacは、21.5インチ画面を搭載し、1.4GHzデュアルコア「Intel Core i5」プロセッサ、8Gバイトメモリ、500Gバイトハードドライブを備える。同モデルは本日から販売されるとAppleは述べている。

 これまでiMacの低価格モデルは、価格が1299ドルであった。この2.7GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサを搭載したiMacは、ミッドレンジモデルとして販売が継続される。

 オールインワンデスクトップであるiMacのデザインは2012年9月から変更されていない。また、iMacに対するアップデートが最後に加えられたのは2013年9月になる。当時、「Haswell」チップ、NVIDIAのグラフィックスプロセッサ、802.11ac Wi-Fiなどが加えられている。現行の27インチモデルの画面は解像度が2560×1440となっている。

 これまでのうわさでは、iMacに「Retina Display」が採用され、場合によっては新しいプロセッサが搭載されると言われていた。Haswellの後継であるIntelの「Broadwell」チップは、6月に開催のCOMPUTEXで新デバイスに搭載されて登場していた。


提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]