孫社長が尊敬するパウエル元国務長官の「リーダシップ論」 - (page 2)

藤井涼 (編集部)2014年06月19日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パウエル氏が尊敬するリーダーは?

 孫氏から「尊敬するリーダーは誰か」と尋ねられたパウエル氏。これまで4人の米大統領に仕えてきたが、「(選ぶことで)他の人が曇ってしまうので答えたことはない」と話す。しかし、中でも「最も近く、不思議とつながりあった」のはレーガン大統領だったという。

  • 対談では孫氏がパウエル氏を質問攻めに

 パウエル氏によれば、バブルで好景気だった頃、日本がペブルビーチなど米国の資産を買い漁り、米議会でも問題となったことがあるという。しかし、その状況に対しレーガン大統領は、「海外から米国が投資先だと思われているのは素晴らしいじゃないか」と楽観的に答えたそうだ。

 パウエル氏は「その投資が失敗したのは後日談だが」とジョークを交えつつ、「レーガン大統領は、議会などから批判があっても国民がその恩恵を享受できることを分かっていた」と説明し、リーダーは常に大局観をもって物事を見極めなければならないと強調した。

 さらに、孫氏の「社内で対立が起きた時にはどうするべきか」という質問には、「とにかく意見を聞くこと。組織のトップにいたとしても、一番役職の低い人にも意見を求めるべきだ。それは私よりも現場のことを知っているかもしれないからだ。だから、上司だからといって意見を変えず遠慮なく言ってほしいと伝えていた」(パウエル氏)と持論を述べた。

 この返答に孫氏は「トップになってもあなたは現場の人たちを忘れない。その姿勢はいつも尊敬している」と賛同。感銘を受けたのか、自身が役員フロアのトイレで手を洗っていた際に、挨拶をしてくれた清掃員の高齢女性の笑顔が母親に見え、「思わずその女性と握手してしまった」というエピソードまで披露し、対談を締めくくった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]