logo

孫社長が尊敬するパウエル元国務長官の「リーダシップ論」

藤井涼 (編集部)2014年06月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 孫正義氏の後継者の育成機関である「ソフトバンクアカデミア」が創設から5年を迎えた。これを記念した特別講義「リーダシップ論」が6月18日に開催され、元米国務長官であるコリン・パウエル氏が、孫氏の質問などに答える形で、組織のリーダーとしてあるべき姿について語った。

 孫氏とパウエル氏はともに、移民の家系という共通点がある。孫氏は在日韓国人3世として、パウエル氏は在米ジャマイカ人2世として生まれ、幼いころには差別を受けるなど辛い経験をしたが、これを乗り越え巨大な組織のリーダーとなった。なお、孫氏は帰化しており現在は日本国籍だ。

  • 孫正義氏とコリン・パウエル氏

 パウエル氏は、米国務長官や統合参謀本部議長などを経験し、陸軍大将まで上り詰めた元軍人でもある。同氏は軍だろうと国務省だろうと、リーダーがやるべきことに大きな違いはないと話す。それは「前線へ行くフォロワー(部下)に対して目標やビジョンを与え、達成感を得られるようにする」ことだという。

 その例として紹介されたのが、あるドキュメントでニューヨークのエンパイア・ステート・ビルの清掃スタッフが、仕事内容について尋ねられた際に、ゴミ掃除ではなく「翌朝も美しいビルだと思ってもらうための仕事だ」と答えたエピソードだ。「最適な環境を作ることでフォロワーが目的に追求できるようにすべきだ」(パウエル氏)。

 では、どうすればフォロワーがそのような意識を持つようになるのか。それはリーダーが自ら彼らのお手本になることだという。「兵士たちがお腹が空いているのであれば、将軍は最後に食べる。疲れても、暑くても、寒くても、それを見せてはいけない。彼らが死ぬほど怯えている時、たとえば敵が目の前にいる時には、リーダーとして励ましそれが皆に影響していく。これは小さな団体でも、大きな組織でも変わらない」(パウエル氏)。

リーダーに求められる13のルール

 続けて同氏は、自身の著書「リーダーを目指す人の心得」にも記してある、リーダーに求められる“自戒13カ条”を紹介した。以下はその内容である。

  1. なにごとも思うほどに悪くない、翌朝には状況は改善しているはずだ
  2. まず怒れ、そのうえで怒りを乗り越えろ
  3. 自分の人格と意見を混同してはならない。さもないと意見が却下されたときに、自分も地に落ちてしまう
  4. やればできる
  5. 選択には細心の注意を払え。思わぬ結果になることもあるので注意すべき
  6. 優れた決断を問題で曇らせてはいけない
  7. 他人の道を選ぶことはできない。他人に自分の道を選ばせてもいけない
  8. 小さなことをチェックすべし
  9. 功績は分け合う
  10. 冷静であれ、親切であれ
  11. ビジョンを持て。一歩先を要求しろ
  12. 恐怖にかられるな。悲観論に耳を傾けるな
  13. 楽観的であり続ければ力が倍増する

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]