logo

[ブックレビュー]アプリを使えば誰でも書ける?--「デジタルマインドマップ超入門」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカヴァー・トゥエンティワン
詳細:単行本(ソフトカバー) / 168ページ / ディスカヴァー・トゥエンティワン / 価格:1512円 / 著者:金子正晃 / 発売日:2014/05/22 / 外形寸法 (H×W×D):20.8cm×15.0cm×1.8cm / 重量:0.3 kg
内容:「アイデアが驚くほど広がる」「頭の中が整理できる」など、さまざまな効果をもたらすマインドマップ。しかしその書き方がわからない、上手に書けない、という人も多いのではないだろうか。そうした悩みを「アプリ」を使うことで解決する、デジタルマインドマップの入門書。
Amazon.co.jpアソシエイト

 マインドマップを書いてみたいと思って、お手本をみると、鮮やかな色使いで、要所要所に上手なイラストが描かれ、1枚の絵のような素晴らしいものが多い。思わず気後れしてしまうことがあるだろう。

 しかしイラストが描けなくても、色の使い分けができなくても、アプリを使えば、イラストは用意されているし、色も自動的に付けてくれる。大きな紙と多色ペンを持ち歩かなくても、iPadやiPhoneがあれば、いつでも好きな時にマインドマップが書ける。

 気軽にマインドマップが書ければ、もっと多様な用途に使えるはずだ。本書を読めば、PC版やiPad版のマインドマップアプリを利用することで、いかにマインドマップが身近なものになるかが分かる。

 マインドマップを作成できるアプリは、ピンからキリまでいろいろ出ており、どれを使えばいいのか迷ってしまうほどだ。本書では、マインドマップ創始者のトニー・ブザン氏公認アプリ以外でも、著者がお勧めできるアプリが紹介されているので、とても参考になる。

 また単にアプリの使い方に終始するのではなく、シチュエーションごとに、代表的なマインドマップの書き方が解説されているので、手書きの時の参考にもなる。書き終わったマインドマップの活用方法も提案されており「書いたはいいが、この後はどうしよう」と困っている人のヒントにもなるだろう。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]