logo

デジタルサイネージをAndroid端末で管理--サイボウズが開発

藤井涼 (編集部)2014年06月05日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズ子会社のサイボウズスタートアップス(Cstap)は6月5日、Android端末を使って表示するコンテンツを管理できるクラウド型の「デジタルサイネージサービス」の提供を開始した。料金は10台で月額4万円から。

  • 番組表の管理画面

 デジタルサイネージサービスは、動画(MP4/H.264)や静止画(JPEG、PNG、GIF)、ウェブサイトの表示に対応したコンテンツを運用管理できるクラウドサービス。複数のデジタルサイネージ端末をグループに分けて一括管理でき、“番組表”から指定した時間や曜日だけ表示内容を変更するといったことも可能だ。

 このサービスでは同社が提供する、Androidスマートフォンを業務専用端末として利用できるモバイルデバイス管理サービス「専用端末化サービス」を同時提供するため、サイネージを行なう場所でのAndroid端末の操作は一切不要。また、遠隔操作で番組表をメンテナンスできるため、状況に合わせて表示内容を変更できるとしている。

 料金は、初期費用は無料で、管理台数が10台までは月額4万円、20台までは月額7万円、40台までは月額12万円、60台までは月額17万円となる。なお、ここには専用端末化サービスの料金も含まれる。


サービスのイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]