グーグル「Tango」の3Dセンサを活用するNASAの浮遊ロボット「SPHERES」--写真で見る - 7/7

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年06月04日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Project Tangoのデバイスを起動したところ。これでSPHERESは、容易にアップグレードでき、ロボットの頭脳として動作するセンサ群とプロセッサを搭載したことになり、周囲の状況を3Dで理解し、よりうまく立ち回れる自律機能を発揮できるようになった。
Scroll Right Scroll Left

 Project Tangoのデバイスを起動したところ。これでSPHERESは、容易にアップグレードでき、ロボットの頭脳として動作するセンサ群とプロセッサを搭載したことになり、周囲の状況を3Dで理解し、よりうまく立ち回れる自律機能を発揮できるようになった。

提供: James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]