logo

HTCのスマートウォッチ「One Wear」、2014年夏に登場か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一 (ガリレオ)2014年06月02日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートウォッチ市場に参入する次のモバイル企業はHTCかもしれない。

 HTCは「One Wear」(仮称)と呼ばれる新しいスマートウォッチに取り組んでおり、2014年の8月末から9月初めに登場するとみられている。これは、テクノロジに関する台湾のブログTK Tech Newsが現地時間5月30日、この製品に詳しい情報筋の話として報じたものだ。同ブログは、One Wearのデモを実際に見せてもらったが、機能やソフトウェアの詳細まではわからないと述べている。

 スマートウォッチは、急速にモバイル市場の新たなフロンティアとなりつつある。Googleはスマートウォッチなどのウェアラブルデバイス向けに「Android Wear」という新しいプラットフォームを開発し、Motorola Mobilityは最近になって、Googleのソフトウェアで動作する円形ディスプレイの「Moto 360」を発表した。サムスン製「Gear」の最新機種もこの市場の競合製品だが、これは同社の「Tizen」ソフトウェアで動作する。アップルもこの混沌とした市場にどこかの時点で参入し、「iWatch」の名称がうわさされるスマートウォッチを発売すると期待されている。

 Strategy Analyticsによると、この市場をリードしているのは「Android」で、2013年に出荷された全スマートウォッチの61%に採用されている。TK Tech Newsによれば、HTCのOne WearはMoto 360と同じように円形ディスプレイを搭載するとされ、Android Wear上で動作する可能性がある。このことは市場におけるGoogleの信頼度を高めることにはなるだろう。だが、AppleとMicrosoftも2014年中に市場に参入すると見られており、サムスンもTizenへの投資を拡大していることから、スマートウォッチのオペレーティングシステムをめぐる勢力バランスは大きく変化する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]