logo

米ヤフー、「YouTube」対抗の動画サービスを間もなく立ち上げか

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2014年05月28日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooが夏にも「YouTube」風のビデオプラットフォームを発表する見込みだと、Advertising Ageが報じている。このサービスは、より魅力的な広告収入契約で、Google傘下の巨大動画サイトであるYouTubeから有力なクリエイターを引きつけることを狙っているが、契約上の問題から実現が遅れていた。

 Advertising Ageは、この計画について説明を受けた匿名の関係者の話として、Yahooがこの夏に動画サービスを開始すべく、複数の映像制作者と話し合いに入っていると報じた。このサービスでは、クリエイターは自分のチャンネルを作成し、Yahooでビデオを公開できる。また、ホームページやブログサービスの「Tumblr」といったYahooのリソース全体にコンテンツを配信できるパブリッシングダッシュボードを設けるほか、YouTubeでは45%を運営側が取り分として徴収しているのに対し、これよりもクリエイター側に有利な広告収入の分配比率を提供する。YahooがYouTubeと似たサービスを目指しているとのうわさは、2014年になって浮上していた。

 最高経営責任者(CEO)を務めるMarissa Mayer氏のもと、Yahooは最高のインターネットブランドというかつての地位を取り戻すための手段として、動画に狙いを定めている。これまでにその一環として、Katie Couric氏を採用したほか、巨大メディアと手を組んだストリーミングアプリ「Screen」の発表、オリジナル長編番組の強化などに取り組んできた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]