logo

楽天市場の商品を「駅のロッカー」で受け取れるサービス--まずは大阪で

井指啓吾 (編集部)2014年05月26日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は5月26日、「楽天市場」での商品の受取方法として、専用の宅配ロッカー「楽天BOX」を選択できるサービスを5月27日に開始すると発表した。まずは試験運用として、大阪市営地下鉄なんば駅と関西大学構内に楽天BOXを設置する。

  • 楽天BOXの設置イメージ

 楽天BOXは、楽天市場で商品を注文し、受取方法で希望の「楽天BOX」設置場所を選択することで利用できる。指定した楽天BOXに商品が届くとメールでパスワードが通知され、楽天BOXにそのパスワードを入力することで商品を受け取れる。

楽天BOXの設置場所は、大阪市営地下鉄 御堂筋線「なんば駅」の20号出入口付近と、関西大学 千里山キャンパス 新関西大学会館南棟1階。なお、関西大学構内の楽天BOXは、関西大学在学中の学生および関係者のみ利用できる。

 試験運用の開始時点で楽天BOXを利用できるのは、楽天市場のブランド公式ファッションサイト「楽天ブランドアベニュー」で展開する500以上のブランドのほか、レディースファッションの「イーザッカマニアストアーズ」「ホンコンマダム」の商品。今後、メンズファッションの「シルバーバレット」を7月、日用品などを取り扱う「楽天24」を9月に対応させる予定だ。

 楽天では、特に自宅にいる時間の少ない社会人や学生、夜間の宅配を避けたい女性などからの利用を見込む。また配送業者のメリットとして、宅配が楽天BOXへの1回で完了することによる配送の効率化を期待している。

-PR-企画特集