logo

iPhoneで身近な騒音を測定、記録しておけるiOSアプリ「騒音計測メーター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「騒音計測メーター」は、iPhoneを使って周囲の騒音を測定できるアプリだ。身近な環境音を手軽に測定し、記録しておくことができる。

  • ホーム画面。「測定する」をタップすると測定開始

 使い方は簡単で、アプリを起動し「測定する」ボタンをタップするだけ。測定がおよそ数秒間行われたのち、デシベル(dB)値が表示される。至ってシンプルな仕様だ。表示される値の隣には「静か」「ふつう」「うるさい」「うるさすぎ」「聴覚機能が壊れる」といった目安が表示されているので、いまがどの程度騒々しいのかひと目で分かる。

 一般的な騒音計であれば機能はここまでだが、本アプリはiPhoneならではのいくつかの付加機能を備えている。ひとつはデータの保存機能で、ワンタップでアプリ内にデータを残していける。データには日時のほか、測定位置のGPSデータが記録され、さらにタップすれば地図上でその位置を表示できるので、どこで測定したデータかすぐに把握できる。このほかデータにわかりやすい名前をつけておくこともできる。

 もうひとつはデータの共有機能で、測定値や日時、測定位置などのデータをメッセージやメール、Twitterなどで送信して共有できる。身の回りの環境音を定期的に測定し、メールで自分宛てに送信するといった用途に役立てられる。

 ざっと使ってみた限り、iPhoneならではの付加価値を備えつつ、使い勝手にもすぐれたアプリという印象だ。要望があるとすれば、測定される値が平均値のようなので、できれば最大値と分けて表示してほしいことくらいだろうか。ありそうでなかったアプリだけに、身近な騒音が気になる人におすすめしたい。

  • 数秒間経つと測定が終わり、データの保存および共有が可能になる

  • 値は測定日時および場所とともに保存される。わかりやすく名前をつけておける

  • 共有機能を使ってメールなどで知らせることができる。このほか測定位置を地図上で表示する機能も備える

>騒音計測メーターのダウンロードはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]