logo

ソニー、超高感度&4K動画撮影が現実に--スペシャルチューニング機「α7S」

加納恵 (編集部)2014年05月16日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「α7S」

 ソニーは5月16日、Eマウントを採用したミラーレスカメラ「α7」シリーズに高感度、低ノイズ撮影ができるスーパーダイナミックレンジモデル「α7S ILCE-7S」を追加した。4K動画撮影にも対応する。発売は6月20日、想定税別価格は23万円前後になる。

  • 真っ暗な箱の中にレンズのみを入れ高感度撮影をしたデモ

 α7シリーズは、2400万画素の撮影ができる「α7」、3600万画素の撮影ができる高解像度モデル「α7R」をすでに発売している。今回のα7Sはダイナミックレンジを重視した機能特化モデル。新撮像素子と画像処理エンジン「BIONZ X」により、常用ISO100~10万2400、拡張50〜40万9600の広い感度域を実現する。

 撮像素子には有効約1220万画素の35mmフルサイズ「“Exmor”CMOSセンサー」を採用。高集光プロセス技術やワイドフォトダイオード設計技術に、新世代のRGBカラーフィルタを搭載することで、α7に比べ感度特性で3倍、飽和信号量で2.3倍の向上を図っているという。これにBIONZ Xを組み合わせることで、高速処理と忠実な質感再現をし、超高感度ながら低ノイズの撮影を実現する。

 動画撮影は、AVCHD形式による最大28Mbpsでの1920×1080/60p撮影ができるほか、XAVC S形式での3840×2160/24p、30p撮影を実現。XAVC S形式による1920×1080撮影では、50Mbpsまでのビットレートをカバーする。なお、4K撮影時は外付けHDDに記録する必要があり、SDカードなどへの記録はできない。

 ボディサイズは高さ94.4mm×幅126.9mm×奥行き48.2mmで、重量約489g。3.0型の液晶モニタは上約90度、下約45度に角度調整ができるチルト式で、高い場所が低い場所での撮影に最適だ。本体にはWi-Fiも備え、スマートフォンやタブレット、PCなどとの連携も可能。「PlayMemories Camera Apps」にも対応する。

  • マルチインターフェースシューを装備

  • ○型モニタを搭載

  • Wi-Fi、NFCも備える

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]