logo

アップルのクックCEOと面会する権利、前回の半額強に下落

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2014年05月15日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)で同社の未来を決める立場にあるTim Cook氏と上質な時間を過ごすチャンスが、2年連続でオークションにかけられた。ロバート・F・ケネディ正義人権センター(Robert F. Kennedy Center for Justice and Human Rights)の資金集めを目的とするものだ。しかし、Appleの食堂で同社トップのCook氏に話を聞いてもらうことの価値は、1年前と比べて少し下がったようだ。2014年の落札金額は、2013年の第1回オークションで匿名の寄付者が入札した61万ドルと比べて、半額をやや上回る程度にとどまったたのだ。

 第2回のCook氏オークションは、米国時間5月13日、落札金額33万ドルで終了した。

 今回の出品はとりわけお値打ちだったと言える。落札金額が低かったというだけではない。Cook氏が、来たるべきAppleのイベントへの招待もパッケージの一部として追加していたからだ。

 実のところ、Cook氏の時間への需要が前年比で減少したというのも、事実ではないかもしれない。BBCの報道によると、このオークションの実施に協力したサイトCharitybuzzは今回、入札プロセスの一環として新たにクレジットカードを確認するステップを加えている。これにより、1年前のオークションで最終価格をつり上げた、おとり入札が減少したとも考えられる。


Tim Cook氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]