logo

KDDI、米国で「Android」向けLTE国際ローミングを開始へ--キャリア初

井指啓吾 (編集部)2014年05月13日 17時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは5月13日、2014年夏モデルのAndroid搭載スマートフォンとタブレット端末を対象とした、米国内におけるLTE国際ローミングを5月15日から提供すると発表した。米国、ハワイ、アラスカ、プエルトリコ、米国領バージン諸島で利用できる。接続事業者は米AT&T。

 LTE国際ローミングは、海外でも高速通信「LTE」によるパケット定額サービスを利用できるというもの。同社とNTTドコモ、ソフトバンクモバイルの3社は、日米間での対象端末としてはこれまで、iPhone、iPadシリーズの一部製品のみ提供していた。

 今回発表された対応機種は、スマートフォンがisai LGL24、Xperia ZL2 SOL25、GALAXY S5 SCL23、AQUOS SERIE SHL25、URBANO L03。タブレットがXperia Z2 Tablet SOT21。

 サービスの申し込みは不要で、4G LTE対応端末向けの利用料金は渡航先の通信規格によらず現行のままとなり、LTE通信料は定額料金で利用できる「海外ダブル定額」の対象となる。

 なお、海外ダブル定額を適用するには、インターネット接続サービス「LTE NET」「LTE NET for DATA」の契約が必要。定額料金は1日単位 (日本時間午前0時~午後11時59分)の利用ごとに適用される。定額の対象となる利用範囲は、auスマートフォンからのメール、ブラウザなどの利用およびPCなどとの接続となっている。

「海外ダブル定額」料金プラン 「海外ダブル定額」料金プラン
※クリックすると拡大画像が見られます

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]