logo

グーグル、クラウドモニタリングの新興企業Stackdriverを買収へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年05月08日 09時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とする新興企業Stackdriverの買収に向けて作業を進めていることを発表した。Stackdriverは、「Amazon Web Services」などのクラウド環境に対するフルスタックのクラウドネイティブなモニタリングを提供している。

 Stackdriverは、DevOps管理者が「Dev(developmentの略。開発の意)により多くの時間をかけ、Ops(Operationの略。運用の意)の時間を減らす」ことができるようにするという信条の下、「Monitoring-as-a-Service(MaaS)」プラットフォームとしてVMwareで同僚だった2人の人物によって2012年に創設された。

 Stackdriverが「Google Cloud Platform」のチームに組み込まれること以外に、GoogleがStackdriverの技術で何をする計画なのかについて詳細はほとんど明らかになっていない。

 Google Cloud Platformチームの製品マネージャーを務めるTom Kershaw氏は米国時間5月7日付けのブログ投稿で、同部門が「今後数カ月間でこの分野にさらに投資する」予定であることだけ明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]