logo

「Google Docs」と「Google Sheets」、スタンドアロンのモバイルアプリが復活

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月01日 09時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月30日、「Google Docs」と「Google Sheets」のスタンドアロンモバイルアプリを復活させた。両サービスが「Google Drive」に組み込まれたのは2年前だ。

 「Android」と「iOS」向けの新しいDocsおよびSheetsアプリは現在、それぞれ「Google Play」と「App Store」で提供されている。プレゼンテーション用の「Google Slides」アプリも「まもなく提供する予定」だとGoogleは述べている。

 新しいアプリにより、特定の種類のファイルのみを使用するユーザーはファイルを検索しやすくなる。しかし、今回の変更に伴い、DocsとSheetsの両方に対する幅広いオフラインサポートも導入されている。これまでどおり、自分のDocsやSheetsにDriveからアクセスすることもできる。

 今回のアプリ復活によって、ユーザーがGoogle Driveに保存されたドキュメントやファイルにアクセスするための3つ目の方法が追加される。Google Driveと、新しいGoogle DocsとGoogle Sheetsのアプリのほか、Googleユーザーは「QuickOffice」を使用できる。QuickOfficeは、Google Driveのアクセスに「Microsoft Office」ファイルを開く機能が組み合わされているため、ややビジネス向けだ。ただしGoogle Driveに保存されたほとんどのMicrosoft Officeファイルに対して、同じことが可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]