logo

アマゾン、日用品など宅配「Prime Pantry」サービスを米「Prime」会員向けに開始

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月25日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間4月23日、日用品や非生鮮食品を宅配する「Prime Pantry」サービスを開始し、家庭向けの配達サービスを新たなレベルへと引き上げた。米国の「Amazon Prime」会員は同サービスを利用することで、スナック菓子や飲料、掃除用品をはじめとするさまざまなものを自宅まで届けてもらえるようになる。

 同サービスは、ユーザーがAmazonのPrime Pantry向けウェブサイトにアクセスし、例えばドッグフードや洗濯用洗剤、ポテトチップ、ハンドローションといった商品を選択すると、同社がそれらの商品を箱に詰め、ユーザーの自宅まで送り届けるという仕組みになっている。配達料金は、購入する商品の数に関係なく、1箱一律5.99ドルだ。

 同社のウェブサイトには、「ショッピング時には、商品の大きさや重量に基づき、各商品がPantryボックスの何パーセントを占めるのかが分かるようになっている。Pantryボックスは大きく、家庭向け製品を45ポンド(約20.4kg)まで、あるいは4立方フィート(約0.113立方メートル)まで詰められる。商品を購入リストから削除した場合も含めて、箱のどれくらいが占有されているのかが適宜表示されるようになっている」と記されている。

 シアトルに拠点を置くAmazonは既に、生鮮食料品の宅配サービス「AmazonFresh」を提供している。このサービスでは、50万点を超える商品を提供しており、即日あるいは早朝に無料で宅配してもらえるようになっている。

 Prime Pantryは、食料品については保存のきく商品のみを扱うという点で、AmazonFreshとは少し異なっている。また、Prime Pantryでは小口商品も扱うようになっている。

提供:Screenshot by Dara Kerr/CNET
AmazonのPrime Pantryサイト
提供:Screenshot by Dara Kerr/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]