logo

アップルとグーグル、独占販売権めぐり大手ゲーム会社と交渉か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年04月22日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たな報道によると、AppleとGoogleが、各アプリストアでのゲーム販売権をめぐって争っているという。

 The Wall Street Journal(WSJ)はこの件に詳しい情報筋の話として、両社がゲームタイトルの独占販売権か、あるいは、少なくとも新タイトル発売の際に自社のアプリストアで先行販売する権利を獲得できないか、複数の大手ゲーム開発会社と交渉中だと報じている。両社とも、こうした独占販売権と引き替えに、そのゲームをストア内の目立つ場所に掲載して販売する計画だ。

 ゲームはモバイルプラットフォームで幅広い人気があり、無料人気アプリ、有料人気アプリ、および好収益アプリのリストを見ると、たいていはゲームが上位にある。スマートフォンとタブレットがゲーマーにとって魅力的なゲームプラットフォームになったことで、「Nintendo 3DS」やソニーの「PlayStation Vita」といった従来型の携帯ゲーム機は、極めて難しい競争を強いられている。

 ゲームは多くの場合、Appleの「App Store」とGoogleの「Google Play」で同時に提供される。しかし、WSJの情報源によると、AppleとGoogleは自社のアプリストアで先に販売したいと考えているようだ。

 企業が独占販売権を欲しがるのは、ゲーム事業では新しいことではない。従来のビデオゲーム業界では、ハードウェアメーカーがゲームパブリッシャーと組み、自社のプラットフォームでしかプレイできないゲームを手に入れることも多い。そのようなゲームでプラットフォームにプレーヤーを集め、ハードウェアの販売を増やすという考え方が、従来のビデオゲーム市場にはある。AppleとGoogleも、同じように考えているのだろう。

 WSJの情報源によると、Appleは「Plants vs. Zombies 2」の独占販売権を獲得しようとElectronic Arts(EA)に接触したという。EAはAppleに2カ月の独占販売権を与え、Android版はその後に提供したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]