logo

グーグル、「Chrome Remote Desktop」の「Android」版アプリをリリース

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月18日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月16日、「Android」向けの「Chrome Remote Desktop」サポートをリリースした。これにより、「Google Chrome」をブラウザだけでなくプラットフォームとしても利用できるようにする同社の取り組みが、また一歩前進した。

 Androidアプリをインストールし、ブラウザの拡張機能を「Windows」や「Mac」、Linuxを搭載するデスクトップコンピュータにインストールすると、Androidデバイスからそのデスクトップマシン全体にアクセスできるようになる。「Chrome OS」を搭載する「Chromebook」や「Chromebox」でも利用可能だ。

 この機能により、Chrome Remote Desktopを初めてモバイルデバイスでも利用できるようになった。Chrome Remote Desktopを使って自分のコンピュータをほかのユーザーと共有することも可能だが、現段階では、Android上の接続は一方通行だ。コンピュータからAndroidにアクセスすることはできず、Androidからコンピュータへのアクセスのみが可能だ。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]