logo

ソニー、リビングシアターをワンランクアップ--高輝度フルHDプロジェクタ

加納恵 (編集部)2014年04月17日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月17日、ホームプロジェクタにフルHDモデル「VPL-HW55ES/HW35ES」HW55ES/HW35ES)を追加した。液晶パネルにSXRDを採用する。発売は5月31日。税別価格はHW55ESが34万5000円、HW35ESが24万5000円になる。

 独自の反射型液晶デバイス、SXRDの採用により、格子状の網目を抑え、滑らかな映像を再現。映像信号をデータベース上にある最適な画質と照合し、映像データの情報を復元するデータベース型超解像処理LSI「リアリティークリエーション」は、BDソフトなどのパッケージメディアのほか、放送波のコンテンツにも対応し、ディテール感や質感を表現する。

  • 「VPL-HW55ES/HW35ES」。外観は同様

  • ホワイトモデル

  • ブラックモデル

 本体下部に3Dシンクロトランスミッタを内蔵し、3D再生にも対応。「シネマフィルム1/2」「リファレンス」「TV」「ゲーム」など9種類ある画質モードは、すべて2D用と3D用を用意し、映像ソースにあった画質を選択可能だ。

 SXRDの採用と光学部品の見直しにより、色の再現性を損ねることなく、1700ルーメンの高輝度を実現。完全に遮光ができない場所でも高画質を再現できる、画質モード「ブライトシネマ」「ブライトTV」を搭載することで、リビングシアターとしても最適としている。

 上位機となるHW55ESのみ、明るさに応じてランプからの光の量を自動制御する「アドバンストアイリス3」を搭載。ダイナミックコントラスト比最大12万対1を実現し、暗い部分の階調と明るい部分のピーク輝度の高さを両立しながら再現できる。

 両機種ともに、高さ179.2mm×幅407.4mm×奥行き463.9mmで、重量約9.6kg。垂直方向71%、水平方向25%の広域レンズシフト機能を備え、設置の自由度を高めたほか、約21デシベルの静音設計が施されている。

  • サイドにはコンポーネント入力、HDMI入力、LAN端子などを備える

  • 広域レンズシフト機能を搭載

  • リモコンは暗所でも使いやすいようボタンが光る

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]