logo

アップル「WWDC 2014」、チケット申し込み期間が終了

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月08日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの年次開発者会議への申し込みを済ませていない人には、もう運がない。2014年のチケット購入者選択は抽選で決められることになっており、申し込み期限は太平洋時間4月7日午前10時だった。

 AppleのWorldwide Developers Conference(WWDC)は6月2日~6日にサンフランシスコのモスコーンセンターウエストで開催される予定で、通常は数分で完売する。2014年はこのプロセスを開かれたものにする取り組みとして、同社は抽選という仕組みを選んだ。当選した開発者は、4月7日午後5時までに通知されている。チケットの価格は1599ドル。

 このような会議の魅力の一部は、限られた人しか参加できないことだが、会議の需要の高さを見るとAppleがこれを別の会場に移さないのが不思議だ。同社は過去に、モスコーンウエストでスケジュールが重なった際にはそうしていた。Appleは会場を検討することに関する米CNETの質問に対し、即座には回答しなかった。


提供:Apple/Screenshot by CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集