logo

「iPad」向け「Office」、ダウンロード数が1200万超に--公開後1週間

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月05日 07時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftによると、「iPad」向け「Office」がリリースされてからの1週間で、1200万人を超える人々がこの生産性向上アプリスイートをダウンロードしたという。

 Microsoftはこの数字を次のようなツイートで発表した。「@AppStoreからの#iPad向け『Word』『Excel』『PPT』&『OneNote』のダウンロード数が1200万を超えた<3 #OfficeforiPad」

 Microsoftは先週AppleのタブレットiPad向けにOfficeアプリを公開した。これらのアプリは、文書の管理や作成のためのツールがセットになったものだ。MicrosoftはiPad向けOfficeの公開にあたって、iPadユーザーが「Google Docs」やAppleの「iWork」といった無料の代替アプリの使用を断念するだろうという希望を抱きつつ、リスクを承知の上での賭けに出た。

 Microsoftが「フリーミアム」方式を採用したことで、このアプリスイートはダウンロードが無料となっており、ユーザーは文書やプレゼンテーションを有料のサブスクリプションなしで閲覧することができる。ただし、文書の編集や作成には、あらかじめ月額10ドルの「Office 365」サブスクリプションが必要となっている。iPad向けOffice(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)は、「App Store」から無料でダウンロードできる。

 1200万というダウンロード数は確かに多いが、Microsoftは新規に獲得したOffice 365のユーザー数は明らかにしていない。

 Microsoftの広報担当者は米CNETに対し、「われわれはiPad向けWord、Excel、PowerPoint、OneNoteについて、ダウンロード数が1200万を超えたことをお伝えした。一般消費者と企業の双方からiPad向けOfficeへの関心が同様にみられることを大変うれしく思っている」と述べ、「これ以上の公開できる情報はない」とした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]