logo

モジラ、「Windows 8」向けタッチ対応「Firefox」の開発を中止

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月17日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは2年以上前から「Windows 8」向けに「Firefox」の「Metro」専用バージョンを構築する作業を行ってきたが、その取り組みを中止した。ユーザーがほとんど関心を示さなかったことが理由だという。

 Microsoftは、タブレットなどのタッチスクリーンデバイス向けインターフェース(当初はMetroと呼ばれていた)を設計し、同インターフェース向けに設計された「Internet Explorer」とともにWindows 8に搭載した。Mozillaは、最新のサードパーティー製ブラウザをMetroにもたらすことが可能なのかどうかをMicrosoftと議論し、それに勝利した後、今から2年前にMetro版Firefoxの開発を開始した。

 しかし、その取り組みはひとまず終了した。ただし、将来的に考えを改める必要が生じた場合に備えて、Mozillaはコードを保存しておく予定だ。

 Firefox担当バイスプレジデントであるJohnathan Nightingale氏は米国時間3月14日のブログ投稿の中で、「チームがMetro向けFirefoxの構築とテスト、改良に取り組む一方で、われわれは同製品の普及状況にも注目してきた。われわれの見る限り、普及はほとんど進んでいない。例えば、いつ調べても、1日当たり何百万人ものユーザーがデスクトップ版Firefoxのプレリリースバージョンをテストしているが、Metro環境のデイリーアクティブユーザー数が1000人を超えることは決してない」と述べた。

 Mozillaは、十分にテストされていないのに長期間サポートしなければならないMetro向けFirefoxを出荷するリスクを冒す代わりに、ひとまず同製品の開発を終了する道を選択した。


Metro版Firefoxのプレビュー版における「Bookmarks」と「Recent History」の画面
提供:Mozilla

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集